忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

寒すぎ松坂 メジャー帰りに縮み上がるどころか巨人は拍子抜け

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

寒すぎ松坂 メジャー帰りに縮み上がるどころか巨人は拍子抜け

寒すぎ松坂 メジャー帰りに縮み上がるどころか巨人は拍子抜け

 

 打線の骨格が決まらない巨人・原辰徳監督(56)は10日、ソフトバンクとのオープン戦(長崎)で期待を寄せる大田泰示外野手(24)を6試合ぶりに4番に復帰させた。相手先発は9年ぶりに日本球界に復帰した松坂大輔投手(34)=前メッツ。ビッグネームを打ち込んで“長崎土産”を持ち帰るつもりだったが、この日のマウンドは試合直前まで粉雪が降るなど異例の冷え込みが襲来。故障を避けようとした平成の怪物は“超安全運転”となり、気合を込めて臨んだG打線は拍子抜けの格好だ。 (笹森倫)

 昨季の日本一チームに2-2で引き分け。だが原監督に満足感はなかった。「4番がもうひとつ、ふたつというところ」。苦言は4打数1安打ながら好機で凡退した大田に向けられた。

 「攻撃性を否定するわけではないが、もう少しドシッと。1ストライク目から3ストライク目まで、同じようなスイングに見える。あれでは持ち味の長打が出てこない」

 相手は松坂。2得点は元メジャーから奪った。大田も1回の第1打席で右前打を放ったが、指揮官がそこに大きな価値を見いだせなかったのは、この日の右腕の出来が悪すぎたからだ。

 原監督はビッグネームを打ち込むことで、打線の高揚を期待していたが、フタをあけたら拍子抜けの格好となった。

 例年なら長崎市の3月の平均気温は10・9度。だが、この日は粉雪混じりの強風が舞い、正午時点で2・4度。異常に冷え込んだため、右ひじに古傷を抱える松坂の心を恐怖感が支配した。

 「体の心配をしてしまった。ケガをしないようにという意識だけ。故障の経験がなければいけるんだろうけど、どうしても気になる」

 ソフトバンクには3年総額12億円(推定)の大型契約を結んだ右腕を守るため、悪天候を理由に登板回避させる手があった。だが同球団関係者は「松坂の公式戦デビューは31日のオリックス戦の予定。中6日なら順番的にきょう投げる必要がある。ずらしたら他の(先発)投手にしわ寄せがくる。開幕が近づいて大事な時期だし、特別扱いはしない」と説明する。

 調整とリスク回避のジレンマが松坂を、雪道を夏タイヤで進むかのような安全第一の投球に誘った。

 どの球種も制球が定まらず最速は143キロ。4回まで投げる予定だったが、2回終了時に吉井投手コーチと話し合い、3回限りで“テクニカルノックアウト”に。64球を費やし、3安打3四球2失点で奪三振はゼロ。

 巨人は3盗塁を決めたが、松坂がクイックモーションまで気が回らなかったため。原監督も「まあスキあらば、というところでしょうね」と喜べなかった。右腕の“超安全運転”にお付き合い、2番手以降の投手からは1安打無得点という打線の方が深刻だからだ。

 同級生との再戦を楽しみにしていた村田も「元気に投げていた。まだオープン戦だし、俺がどうこういう話じゃない」と言葉少な。「ヘナチョコだった」と振り返った3回の2打席目で、140キロの高め速球に松坂からチーム唯一の空振りを喫した自身の打撃の方が、気がかりだ。

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R