忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

アイヌ文化 学びたい

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

アイヌ文化 学びたい

 北海道東部の阿寒湖畔にある小さなアイヌ料理店。

  深夜、店を営む郷右近(ごううこん)富貴子さん(38)がカウンターで伝統弦楽器「トンコリ」を奏で、隣から姉の下倉絵美さん(40)が「ウポポ」(歌)を重ねると、店内を温かな空気が包んだ。

  • ポロロン、ポロロン……。営業を終えた店内でトンコリの音を響かせながら次のライブの打ち合わせをする郷右近富貴子さん(右)と姉の下倉絵美さん。カウンターの奥では母・みどりさんが姉妹のウポポに静かに耳を傾けていた(北海道釧路市で)
  •  

      湖畔のコタン(集落)に生まれた姉妹は母やフチ(おばあさん)のウポポを聞いて育ち、フチの家で大人たちのウポポに合わせて踊る古式舞踊を習った。家庭を持ち、母となり、3年前に音楽活動を始めた。子供たちのためにも「アイヌ文化を知ってもらいたい」との思いからだ。子を育てる母親の覚悟が込められた「カピウウポポ」を全国の公演で欠かさずに歌う。

      国がアイヌを先住民族と認めたのは6年前。近代国家の形成過程でアイヌ文化は深刻な打撃を受け、アイヌ語も「極めて深刻」な危機言語になった。文化の復興は始まったばかりだ。

      今年6月の閣議決定により、アイヌに関する初の国立施設が2020年度までにできる北海道白老町では今、若者が伝統儀礼やアイヌ語を学ぶ。荒田裕樹さん(28)は「自然の恵みへの感謝を忘れずに生きてきた先祖に学ぶことはたくさんある。アイヌとして胸を張って生きたい」と語った。

      北海道新ひだか町で行われた先祖供養祭。子供たちはバッタの動きを模した伝統舞踊「バッタキウポポ」を生き生きと踊っていた。子供たちが所属する古式舞踊保存会「帯広カムイトウウポポ保存会」会長の酒井奈々子さん(63)は言った。「アイヌのことを学びたいという若者が増えるなんて、一昔前では考えられなかった。この子たちが、きっと、アイヌ文化を次の世代へと伝えてくれるはず」

      写真と文 上甲 鉄

    • アイヌ民族博物館(北海道白老町)で行われた伝統儀礼。「一口にアイヌと言っても儀礼の流れや作法は地域ごとに違う。学ぶことはたくさんあります」。帯広市出身の荒田裕樹さん(奥から3人目)は、年長者の所作を食い入るように見つめていた

       

      • 大学でアイヌ文化を学んでいる竹内隼人さん(22、右)は、各地の保存会が踊りを披露し合う催しをスマートフォンで録画し続けた。「繰り返し見て覚えたい」(北海道新ひだか町で)

         

        • 札幌市内の雑貨店などで販売されている木製ペンダント。「現代の生活に合う形でアイヌ文化を浸透させたい」と、市内でアイヌ文様の切り絵教室を開いている小川基(もとい)さん(42)がデザインした
PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R