忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

ジンチョウゲを香りよく育てるには

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

ジンチョウゲを香りよく育てるには

 ジンチョウゲを香りよく育てるには

 早春に上品かつ濃厚な香りを届けてくれるジンチョウゲ。植え場所、置き場を選んで見栄えよく仕立て、香り豊かに育てましょう。園芸研究家の玉崎弘志(たまざき・ひろし)さんに、育て方のコツを聞きました。
 
 * * *
 
 ■香りが主役の花木
 
 ジンチョウゲは「沈丁花」と書き、熱帯産のジンコウ(ジンチョウゲ科。沈香)やチョウジ(フトモモ科。丁子)といった名香木にたとえて名づけられました。学名もDaphne odora (ダフネ・オドーラ)、「よい香りのニンフ(妖精)」という意味です。
 
 ■コンパクトで庭でも鉢でも楽しめる
 
 成熟株は樹高、葉張りとも70cm(最大で1m)ほどとコンパクトで、庭植えはもちろん、鉢での栽培にも向きます。樹形は自然に丸くまとまるので、剪定は花後に長く伸び出した枝などをつけ根で切る程度でよく、扱いやすい花木といえます。
 
 ■香りよく育てるには
 
 開花期が3月~4月中旬と、早春に芳香を届けてくれるジンチョウゲですが、株を健全に育て、花つきをよくすることで香りを存分に楽しむことができます。
 植え場所は半日陰~日なたが向きますが、香りを重視するなら、花つきをよくするため日なたで栽培しましょう。また、鉢植えは株をコンパクトに育てられるだけでなく、花つきもよくなります。
 剪定は花後1か月以内に行い、7月の花芽分化までに新梢を伸長させましょう。
 ■『NHK趣味の園芸』2015年3月号より

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R