忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

「70年談話」で有識者会合、20世紀の教訓を議論

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

「70年談話」で有識者会合、20世紀の教訓を議論

 「70年談話」で有識者会合、20世紀の教訓を議論

 
  安倍総理大臣が夏に発表する「戦後70年談話」をめぐる「有識者懇談会」の2回目の会合が開かれ、「20世紀の経験からくむべき教訓」について意見交換しました。
  「20世紀という時代は、非常に光の部分と影の部分の両方がある時代だったなという認識は、みんな共有したと思います。具体的な文言についてどうするかとか、そんなようなことの議論をやるよりは、日本が21世紀に向かって何ができるかということを中心にお話していきたい」(西室泰三 座長)
 
  有識者懇談会は、「戦後70年談話」の取りまとめにあたり、政府が幅広いメンバーの議論が必要だとして開いているものです。
 
  2回目の会合では、安倍総理から示された5つの論点のうち、「20世紀の経験からくむべき教訓」について意見交換し、2つの世界大戦を含め、歴史の「光と影」を議論する必要性を確認しました。
 
  また、北岡伸一座長代理は、「植民地支配や侵略」という点については「いろいろな意見が出た」とした上で、「私は歴史学的に侵略だと思っている」と述べました。
 
  懇談会は、7月までに議論をまとめる方針ですが、実際の談話にどこまで反映されるかは決まっていません。(13日23:34)

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R