忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

中国の台頭と日本の没落、アジアサッカーは激変中―韓国メディア

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

中国の台頭と日本の没落、アジアサッカーは激変中―韓国メディア

 中国の台頭と日本の没落、アジアサッカーは激変中―韓国メディア

 韓国メディア・MKスポーツは、アジアサッカーの現状について、「中国の台頭」と「日本の没落」を指摘した。19日付で聯合早報網が伝えた。
 サッカーのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループリーグ第3節の結果は、中国勢が8勝4敗、韓国勢が6勝3敗3分け、Jリーグ勢が2勝8敗2分け。韓国勢の全北現代がグループ1位に付けているが、G組とH組では1勝1敗1分けの水原三星ブルーウィングスとFCソウルが苦戦しており、激しい2位争いを展開している。
 中国勢の強さが特に印象に残った今大会。特に広州恒大と北京国安の躍進ぶりが目立った。3連勝の北京国安は失点ゼロ、広州恒大も「死の組」で首位に立っている。山東魯能と広州富力は、グループリーグ突破は難しいとみられている。
 中国勢と正反対の成績だったのが、Jリーグ勢だ。出場4チーム中3チームが、グループ最下位という有様。日本の3冠王であるガンバ大阪はわずか1点しか取れず、日本国内で特に人気の高い鹿島アントラーズと浦和レッズは1点も奪えなかった。柏レイソルだけが2勝1分けとまずまずの成績を上げ、何とか体面を保っている。
 (編集翻訳 小豆沢紀子)

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R