忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

日本でいかにして少ない金額でお腹いっぱい食べるか―中国紙

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

日本でいかにして少ない金額でお腹いっぱい食べるか―中国紙

 日本でいかにして少ない金額でお腹いっぱい食べるか―中国紙

 4日付の中国紙・重慶晨報は、「日本でいかにして少ない金額でお腹いっぱい食べるか」との見出しで、日本の激安グルメを紹介した。
 日本人も「食」に対してかなりのこだわりがあるが、その表現方法は中国とは異なる。たとえば麺類。中国人は「麺を食べに行こう」と言うが、日本人は「麺」というおおざっぱな表現は使わない。「うどんを食べに行こう」「ラーメンを食べに行こう」「そばを食べに行こう」と具体的に言う。
 多くの中国人は日本での食事について、「高い」「お腹いっぱいにならない」の2点を挙げる。特に男性にとって、日本料理は「量が少ない」の代名詞だ。だが、日本でも高い金を払わずにお腹いっぱい食べる方法はある。1000円でもお釣りが来る激安グルメといえば、まずはラーメン。日本人が最も愛するメニューの1つで、地方によって味の特色が異なる。
 吉野家などファストフードのチェーン店もかなり安い。日本式中華料理店でも天津飯などが1000円以下で食べられる。回転寿司や定食も良い選択だ。回転寿司は値段ごとに皿の色が異なり、1皿100円から食べられる。夜であれば1人当たり3000円はするレストランもランチは格安で、1000円以下で本格的な味が楽しめる。
 定食とは主菜、副菜、白米、スープ、デザートなどが付いたセットのこと。大きさの異なる器に盛られた料理が1つのトレーに収まっている。内容によって異なるが、1000円以下の場合が多い。マクドナルドのようなファストフードも、日本では安い食べ物となっている。
 (編集翻訳 小豆沢紀子)

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R