忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

日本のお母さんはこうして子どもに思いやりを教える―中国メディア

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

日本のお母さんはこうして子どもに思いやりを教える―中国メディア

 日本のお母さんはこうして子どもに思いやりを教える―中国メディア

 「日本のお母さんはこうして子どもに思いやりを教える」と題した「日本百合」さんの寄稿記事が5日付の中国メディア・家庭教育に掲載された。
 「日本百合」さんが日本人学生の桃子さんから聞いた話。桃子さんの小学校入学式の日、帰宅するとお隣の赤ちゃんを抱いた若いママさんが手作りクッキーとかわいいヘアゴムをお祝いに持ってきてくれた。家に上がっていただいて一緒にクッキーを食べた時だった。「いただきます」と言って一口かじると、とてもしょっぱかった。ビックリして母親の方を見ると、一瞬表情を変えたがすぐに「とてもおいしい。この前お店で買ったクッキーよりおいしい」と笑顔で言った。
 桃子さんも母親に倣って「すごくおいしい。ありがとうございます」と続けた。みんなでお隣さんに「本当にありがとうございます」と丁寧にお礼を言った。お隣さんが帰った後、桃子さんが母親に「あのクッキー、なんであんなにしょっぱかったの?」と言うと、母親は「赤ちゃんのお世話で忙しいのにわざわざ桃子のためにクッキーを作ってくれたの。慌てて作ったから塩と砂糖を間違えたのね。でもお祝いの気持ちに感謝しましょうね」と諭した。
 桃子さんは「残ったクッキーはどうする?」と聞いた。すると、母親は「あといくつでもないから、2人で食べちゃいましょう」と答えた。桃子さんにとって、この時のクッキーの味は一生忘れられないものとなった。今でもお隣さんのご厚意に感謝しているという。
 (編集翻訳 小豆沢紀子)

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R