忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

朴大統領、中東から帰国後すぐに襲撃された米国大使を見舞う 「同盟関係に影響なし」アピールとの見方も

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

朴大統領、中東から帰国後すぐに襲撃された米国大使を見舞う 「同盟関係に影響なし」アピールとの見方も

 朴大統領、中東から帰国後すぐに襲撃された米国大使を見舞う 「同盟関係に影響なし」アピールとの見方も

 韓国の朴槿恵大統領は9日午前、中東4カ国の歴訪を終えて帰国した後すぐに、今月5日に韓国人の男にナイフで襲われ、負傷したリッパート駐韓米国大使を見舞うため、ソウル市内の病院を訪れた。韓国・聯合ニュースの報道として、中国・環球網が同日伝えた。
 リッパート大使は回復が早く、10日にも退院の予定。朴大統領の帰国後最初の日程が大使の見舞いだったことについて、一部では「襲撃事件が韓国と米国の同盟関係に影響を与えていないとアピールする意図があるのではないか」との見方が出ている。
 朴大統領は襲撃事件当日に中東から大使に電話し、見舞いの言葉を述べた。「この襲撃事件が両国関係に悪影響を与えないよう、両国が密に協力する必要がある」と話したほか、自身が9年前に遭った襲撃事件にも言及したという。
 (編集翻訳 恩田有紀)

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R