忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

韓国食品業界がハラル市場に関心、日本に遅れも朴大統領の手腕に期待・・韓国ネット「最後の巨大市場」「日本はすでに…」

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

韓国食品業界がハラル市場に関心、日本に遅れも朴大統領の手腕に期待・・韓国ネット「最後の巨大市場」「日本はすでに…」

 韓国食品業界がハラル市場に関心、日本に遅れも朴大統領の手腕に期待・・韓国ネット「最後の巨大市場」「日本はすでに…」

 韓国メディア・マネートゥデーは8日、朴槿恵大統領の中東諸国訪問をきっかけに、韓国でイスラム教の戒律にのっとった「ハラル食品」市場への関心が高まっていると報じた。
 朴大統領は今回の中東歴訪の中で、アラブ首長国連邦とハラル食品に関する了解覚書(MOU)を締結した。ハラル食品は、全世界で18億人のイスラム教徒が飲食することを許された食品という意味で、その市場規模は1兆ドルとされる。しかも新興国が多いことから、年間10%の成長が見込まれている。
 ただ、韓国の食品業界の対イスラム圏輸出の取り組みは進んでいるとは言えない。イスラム圏に食品を輸出するためには「ハラル認証」が欠かせないが、すでに230社が認証を取得している日本などに比べ、大きく遅れている状況。このため、現状の輸出はUAEとインドネシア、マレーシアの3か国に対して1000億~3000億ウォン規模で行われている程度にとどまっているという。
 韓国では2000年代後半からハラル認証への取り組みが始まり、大手食品企業は最近も韓国のりやキムチ、加工米などの認証を取得している。一方で、輸出先の国や食品ごとに認証を取得する必要があり、1年ごとの更新も必要なことから、一度認証を受けても「コストが合わない」と取りやめる企業もあるという。
 このため、韓国の業界内では、UAEとのMOU締結を機に、韓国政府が政府間協議や企業への支援を通じて認証手続きのハードルを下げるよう期待する声が強まっている。
 この報道に対し、韓国ネットユーザーからは様々なコメントが寄せられている。
 「拘束力のない覚書段階。まだ輸出が始まったわけではない。少しは落ち着け」
 「中東の人々が食べたくなったら買ってくれる」
 「ラーメンにチョコパイ、韓国海苔を試食させ、中毒にさせちゃったら勝ち。宗教も忘れて探し求めるようになる」
 「MOUが何か知らないか?まだまだこれだけでは輸出までにはいかない」
 「輸出が増えても国民にはあまり利益がない。大企業ばかり豊かになるグローバル化は要らない」
 「コーンチップ、ペペロ、辛ラーメンがある」
 「ハニーバターチップもハラルになれるかな?」
 「中東から背を向けられないためには、管理をしっかりしなければならない。金のためには国でも売る奴がいるから、恥ずかしいことにならないようにしてほしい」
 「遠い道のりになるだろう。韓国は数年前からハラル食品輸出のために頑張ってきたが、厳しい規制と清潔性などで輸出が難しかった。…

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R