忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

まずはグレーゾーン…与党、安保法制の議論再開

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

まずはグレーゾーン…与党、安保法制の議論再開

まずはグレーゾーン…与党、安保法制の議論再開 自民、公明両党は13日午前、国会内で「安全保障法制整備に関する与党協議会」(座長・高村正彦自民党副総裁)の会合を開いた。

  昨年7月に閣議決定した集団的自衛権行使を限定容認する政府見解を踏まえ、具体的な自衛隊の活動などを定める安全保障関連法案の議論に着手した。政府・与党は3月下旬までに全体像をとりまとめ、今国会中に同法案を成立させたい考えだ。

  昨年7月以来の開催となった協議会の冒頭で、高村氏は「あらゆる事態に切れ目なく対応できるように精力的に議論したい」と述べた。公明党の北側一雄副代表は「閣議決定の時以上に、要件、手続きなどについて、明確な形での論議をしなければならない」と強調した。

  会合では、政府が、〈1〉武力攻撃に至らない侵害への対処〈2〉国際社会の平和と安定への一層の貢献〈3〉憲法9条の下で許容される自衛の措置――について与党側に検討を要請。その後、まずは武装集団による離島占拠など武力攻撃とは即断できない「グレーゾーン事態」への対処の議論に入った。

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R