忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

ユーロ/ドル12年ぶり安値、ドル/円は株堅調でじり高

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

ユーロ/ドル12年ぶり安値、ドル/円は株堅調でじり高

ユーロ/ドル12年ぶり安値、ドル/円は株堅調でじり高 

 [東京 12日 ロイター] – 正午のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べて、ややドル高/円安の121円半ばだった。株価の堅調推移を眺めながら、じり高の展開となった。ユーロ/ドルは朝方から小動きだったが、正午にかけて弱含み、12年ぶりの安値をつけた。

 ユーロ/ドルは前日海外時間に1.0511ドルまで下落し、12年ぶりの安値をつけたが、1.05ドルに厚めのオプションバリアが観測され、いったんサポートされていた。ただ、戻りは鈍く、東京時間も朝方から安値圏で推移。正午にかけて前日海外時間の安値を下回ると、一時1.0505ドルまで下押しされた。

 欧州中央銀行(ECB)の量的緩和(QE)開始を受け、ユーロ圏の多くの国で国債利回りが過去最低水準に低下。ギリシャの債務問題もくすぶる中、ユーロは売られやすい通貨となっている。

 市場では「こういう地合いだとリバウンドを試したい気持ちにはなるが、反発のネタを探りにくい。取引が薄い中、アジア時間に1.05ドルを割り込むかもしれない」(外銀)との声が出ていた。

 <米小売売上高に注目>

 ドル/円は午前7時半過ぎにこの日の安値121.39円をつけた後、正午にかけてじり高の展開となった。小高く始まった日経平均株価が前日比200円超まで上げ幅を拡大し、ドル/円を下支えした。

 市場では「朝方から動意がなかったが、しっかり推移している株価を眺めながらドル買いが先行している」(邦銀)との声が出ていた。「きょうは難しいかもしれないが、121円後半を抜けてくればまた122円を試す展開になる」(同)という。

 海外時間は、米国の2月小売売上高が注目されている。「米国の小売売上高が強い内容となった場合は、ドル買い材料と受け止められて122円を試す動きが出てくる可能性もある」(国内金融機関)との声もあった。 続く…

記事を1ページに表示する

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R