忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

20年後はどんな世界? 将来の成長産業に目を向けて仕事を選ぼう!

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

20年後はどんな世界? 将来の成長産業に目を向けて仕事を選ぼう!

 20年後はどんな世界? 将来の成長産業に目を向けて仕事を選ぼう!

 

 

//”);}else{window.NINJA_CO_JP_ONETAG_BUTTON_0b93a00aa021ff04ab3f4a035baf76a3.ONETAGButton_Load();}})(document);//]]>美女読書をフォローする 20年後はどんな世界? 将来の成長産業に目を向けて仕事を選ぼう!
 20年後はどんな世界? 将来の成長産業に目を向けて仕事を選ぼう!「将来を見据えて働く」ということ。

 いま就活中の学生や、社会人3~4年目くらいで転職しようか悩んでいる若手ビジネスパーソンの方たちは、「どんな仕事に就くか」を考える際、数十年後の世の中がどうなっているかについてまで想像してみたことはありますか?

 「親や友人に自慢できるような”今”人気の大手企業に就職したい!」というように、とかく近視眼的な「就社活動」に陥りがちな就活ですが、数十年後の世界を見据えてみると、「今」の捉え方が大きく変わってくることに気づきます。

 今回は、20年後というちょっと先の未来において確実に訪れるであろう変化を示し、そうした世界を見据えて働くためのヒントを教えてくれる一冊、『残酷な20年後の世界を見据えて働くということ』を紹介します。

20年後はどんな世界? 将来の成長産業に目を向けて仕事を選ぼう!残酷な20年後の世界を見据えて働くということ20年後はどんな世界? 将来の成長産業に目を向けて仕事を選ぼう!20年後の世界の姿とは?

 本書では、次のような予測がなされています。

 20年後には、世界は中国一国ができてしまうほどの人口増加を経験し、日本では、東京都が全部なくなってしまうほどの人口減少を経験する。

 実はこれ、現在の人口統計から「ほぼ確実に訪れる未来」と言えます。

 なぜなら、少なくとも20年後の20歳の若者の数は、(移民政策が大幅に変更されない限り)「今年1年間で生まれた赤ん坊の数」を上回ることができず、将来の人口分布は現在を元にすでに決まってしまっているからです。

 さらにいえば、20年後の日本は「人口の4割が60歳以上という超高齢化社会」で、そこでは「60歳以上の方が、25~60歳の人口よりも多い」世の中となります。

 若い人が払う社会保険料や税金は、こういった多数派であるシニアの年金や医療費に消えていくから、これから先の20年間、勤労世代はいくら働いてもなかなか余裕を感じることができない。

 人口問題や少子高齢化問題は今にはじまったことではないので、「何をいまさら・・・」という印象もあるかもしれませんが、「東京都が全部なくなってしまうほどの人口減少」という言葉に衝撃を受ける人は多いはずです。

 こうした現実から「逃げきれない」今の若者世代は、これからどんな視点を持って仕事や働き方を選ぶべきなのでしょうか。…

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R