忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

スバル、「WRX STI NBRチャレンジ2015」が富士でシェイクダウン

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

スバル、「WRX STI NBRチャレンジ2015」が富士でシェイクダウン

 スバル、「WRX STI NBRチャレンジ2015」が富士でシェイクダウン

 

 スバルテクニカインターナショナル(STI)は3月4日、富士スピードウェイにて2015年5月のニュルブルクリンク24時間レース(ドイツ)に出場する「SUBARU WRX STI NBRチャレンジ2015」のシェイクダウンテストを行った。

 2014年夏から開発をスタートした同マシンは、すでに栃木県のSUBARUテストコースにて走行実験を繰り返してきたが、この日は報道陣やパートナー企業などの前で初めてサーキットでの走りを披露した。

 同マシンのステアリングを握ったのは、今年5回目のニュルブルクリンク挑戦となる佐々木孝太選手で、1時間の走行時間を終えた佐々木選手は「昨年のクルマと比べると、前後方向のシャシーの剛性感がよりしっかりし、前輪と後輪の連動性が高まったと感じました。また、ノーズの回頭性もさらにクイックとなり、ニュルではAWD車ならではの走りがしやすいだろうと思いました。初めて導入されたパドルシフトはまだ変速ショックが強く調整の必要がありますが、これもタイム短縮には効果があるでしょう。また、空力に関しては、フロントのダウンフォースがよく効いていますね。早くニュルで走らせてみたいです」と目を輝かせていた。また、「今年は日本人ドライバーが僕ひとりとなり、日本のSUBARUファンの期待を背負っているので、緊張しますがやりがいも大きいです。この機会を与えられたことに感謝しています」と続けて語った。

 STI社長 平川良夫氏のコメント

 「昨年悔しい思いをしましたので、今年は是非SP3T優勝を取り戻したいです。ですから、昨年のレースから戻った7月にプロジェクトをリスタートさせ、大胆な発想で勝てるマシンを作るように開発陣にはっぱをかけてきました。エンジン房内をご覧になった方は、昨年のクルマとは大きく異なっていることに気がつかれることでしょう。この一事をとってみても、期待が広がるのではないでしょうか」

 チーム監督 小澤正弘氏のコメント

 「これまでの我々の武器は信頼性と耐久性でしたが、2015年モデルはパフォーマンス面でもライバル達に見劣りしない性能をもたせるべく取り組んできました。ライバル達は手強く、さらに進化しているはずです。チーム一丸となってぶつかっていくつもりです」

 STI総監督 辰己英治氏のコメント

 「2012年にSP3Tクラス優勝してから、“何が何でも勝つんだ”という執念、迫力が欠けてきていました。…

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R