忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

「3人の親」からDNAを受け継ぐ子供の誕生を認める、世界初の「卵子核移植」を英上院が合法化

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

「3人の親」からDNAを受け継ぐ子供の誕生を認める、世界初の「卵子核移植」を英上院が合法化

 「3人の親」からDNAを受け継ぐ子供の誕生を認める、世界初の「卵子核移植」を英上院が合法化

 

  2月24日、3人のDNAを使った体外受精・胚移植(IVF-ET)技術である「卵子核移植」を認める法案が英国上院で可決・成立した。英国は「3人の親」を持つ赤ちゃんの誕生を合法化する世界初の国となった。
 
  この法案の目的は、母系遺伝性難病のミトコンドリア病の予防だ。ミトコンドリアは、ほぼすべての真核細胞にある細胞小器官。細胞の中で酸素呼吸(好気呼吸)してエネルギーを生産している。簡単に言えば、酸素によって炭水化物(ブドウ糖)を分解し、細胞を動かすエネルギーの放出・貯蔵・代謝・合成に関わるATP(アデノシン三リン酸)を生成する。ATPは、筋肉の収縮・伸展や物質代謝を支える生命活動の基礎エネルギー源であることから、「生体のエネルギー通貨」といわれる。
 
  母のミトコンドリアのDNAに異常があると、細胞を動かすエネルギーが十分に供給されないので、子供の脳や心臓などに障害が出る。ミトコンドリアのDNAの異常から起きるミトコンドリア病は、エネルギー需要の多い、脳、骨格筋、心筋などに発症しやすい。ミトコンドリア脳筋症、ミトコンドリアミオパチーとも呼ばれる。
 
  今回、ミトコンドリア病を予防するために承認された「卵子核移植」とはどのような技術だろうか?
 
 異常のある女性の卵子から取り出した核を、別の健康な女性の卵子に移植して人工受精させる
 
  「卵子核移植」は、ミトコンドリアに異常がある母の卵子の細胞核を正常な卵子をもつドナー女性の細胞核と交換・移植して胚(受精卵)を作製する体外受精・胚移植(IVF-ET)技術。細胞核は父母のDNA、ミトコンドリアはドナー女性のDNAだ。つまり、「卵子核移植」によって生まれる子供は、父母とドナー女性の3人のDNAを受け継ぐ。卵子ではなく、受精卵の段階での移植も可能という。
 
  「卵子核移植」は、受精卵の操作、安全性、生命の選別、子供の出自を知る権利などの技術的・倫理的・人権的な問題点があることから慎重論も根強い。法案成立後は、監督当局が認可手続き規則を策定し、年末までに最初の治療が行われる予定。早ければ来年中に赤ちゃんが誕生するかもしれない。
 
  BBC放送の報道によれば、保健省スポークスマンは「多くの家族に希望を与える。ミトコンドリア病に悩む女性が、病気の遺伝を恐れずに健康な子供を産むチャンスが得られる」とコメント。
 
  「卵子核移植」に批判的な運動団体「遺伝学と社会センター」のマーシー・ダルノフスキー代表は「人間の生殖細胞系を永遠に変えてしまう技術であり、法制化は歴史的な過ちだ」と強く抗議。…

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R