忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

津波被災の双葉署パトカー展示 福島・富岡町、震災遺産

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

津波被災の双葉署パトカー展示 福島・富岡町、震災遺産

 津波被災の双葉署パトカー展示 福島・富岡町、震災遺産

 

  福島県富岡町は16日、東日本大震災の津波で被災し、震災の記憶を伝える遺産として保存を決めていた双葉署のパトカーを、同町の署北側にある公園に設置し展示を始めた。

  福島県警によると、2011年3月11日、双葉署の増子洋一警視=当時(41)=と、佐藤雄太警部補=同(24)=(ともに2階級特進)が、住民の避難誘導のためパトカーで出動し、津波に巻き込まれた。増子さんは同年4月に沖合で遺体が発見されたが、佐藤さんは行方不明となっている。

  この日は、双葉署の渡部敏久署長や署員のほか、宮本皓一町長ら約30人が黙とうし、2人の冥福を祈った。

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R