忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

熊本大構内で教授自殺か 防災専門家

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

熊本大構内で教授自殺か 防災専門家

 熊本大構内で教授自殺か 防災専門家

 

  熊本大は10日、工学部社会環境工学科の山田文彦教授(応用水工学)が昨年、構内で首をつって死亡したと明らかにした。県警によると家族宛ての遺書があり、自殺とみられる。49歳だった。

  大学によると、山田教授は防災の専門家として、大学の減災型社会システム実践研究教育センターでセンター長を務め、東日本大震災後の県の防災計画策定にも携わっていた。昨年10月17日朝、工学部実験棟で首をつった状態の山田教授を出勤した職員が発見。

  熊本大自然科学系事務ユニットの永田敦事務長は「出勤簿などで勤務状況を調査したが、過労など自殺につながる事実は見つからなかった」と話している。

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R