忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

ツイッターがルールを改定 被写体の許可無き写真の投稿禁止へ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

ツイッターがルールを改定 被写体の許可無き写真の投稿禁止へ

 ツイッターがルールを改定 被写体の許可無き写真の投稿禁止へ

 ツイッターがルールを改定 被写体の許可無き写真の投稿禁止へ

 しっかり一言、許可をもらってください。

 Twitter(ツイッター)が、ルールと「嫌がらせ行為に関するポリシー」を改定しました。海外メディアのBuzzFeed Newsが伝えています。

Twitter Takes Steps To Combat Stolen Nudes And Revenge Porn[BuzzFeed News]
 Twitterルール[Twitterヘルプセンター]
 Twitterへの個人情報の投稿[Twitterヘルプセンター]
 嫌がらせ行為に関するポリシー[Twitterヘルプセンター]

 今回の改定で、「Twitterルール」の項目に以下のルールが追加されました。

また、撮影されている人物の同意なく撮影または配布された、私的な画像や動画を投稿することを禁じます。

 同様の一文が、「Twitterへの個人情報の投稿」と「嫌がらせ行為に関するポリシー」にも追加されています。今後は撮影された本人に投稿の許可が取れないのであれば、顔にモザイクを入れるなどが必要となるでしょう。

「リベンジボルノ」への対策

 今回、このようなルールが追加された背景には、「リベンジポルノ」問題があります。「リベンジポルノ」については、以下の記事をご覧ください。

取り返しがつかないコトになるかも!「リベンジポルノ」の危険性

 簡単にいえば、「振られた腹いせに元恋人のヌード写真などを投稿する」ことを言います。特に米国で問題になっていますが、日本でも発生しているようです。

 ユーザーが節度を守って使っていれば、こんなルールの追加をされることはなかったはず。スマホの写真やSNSを「悪用」する人間のせいで善良なユーザーに不便なルールが追加されるのは、悲しいですね。

 その他にも、電車内での盗撮写真を面白がって投稿するユーザーもたまに見受けられます。こういった行為を一律して禁止するのが、今回のルール改定ではないでしょうか。

 
 しょっちゅういろんな人の写真を投稿していた人は、これから注意が必要になりそうです。撮影する際は、一言「SNS投稿してもいいか」を聞いたほうがよいでしょう。

 ただし、もし自分の写真が勝手に投稿されていた場合は、消してもらいやすくなったという利点もあります。ルールをしっかり把握し、有効に活用していきたいものですね。

 
 Twitter Takes Steps To Combat Stolen Nudes And Revenge Porn[BuzzFeed News via ITmedia ニュース]
 Photo by Thinkstock/Getty Images

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R