忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

島津製作所、全自動LC/MS前処理装置「SCLAM-2000」(研究用)を発売

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

島津製作所、全自動LC/MS前処理装置「SCLAM-2000」(研究用)を発売

 島津製作所、全自動LC/MS前処理装置「SCLAM-2000」(研究用)を発売

 

 島津製作所は3月16日、全自動LC/MS前処理装置「SCLAM-2000」(研究用)を発売した。

 「SCLAM-2000」は、遠心処理を行った採血管などのチューブと試薬、2種類の前処理専用容器をセットし、PCまたは装置本体からの操作することで、全自動で生体試料の前処理とLC/MSによる分析が実行できる装置。最大60検体のLC/MS分析を自動で実行可能で、オンラインでLC/MSに接続されているため、前処理後に試料を手動でLC/MSにセットし直す必要がない。1時間あたり約20検体を処理することが可能だ。

 また、1検体ごとに逐次処理を行う方式を採用しており、検体ごとの前処理反応時間の差など、個体間のばらつきをなくし、日内差、日間差を含めた再現性≦10%の分析精度を実現する(同社評価による)。バーコードリーダ(オプション)による検体のID管理や分析結果の校正機能、試薬の残量や使用期限などの管理機能、装置保守履歴の記録機能といった多彩な精度管理機能により、常に最適な状態で装置を維持し信頼性の高いデータが取得できるとしている。

 さらに、キャップを外した採血管や試薬をセットした後は、検体および試薬を入力する2ステップのシンプルな操作で前処理を開始できるため、手技の操作ミスを低減することができる。加えて、満杯検知センサー付きの前処理容器の廃棄ボックスや廃液タンクを装置内に備えており、感染性試料を扱う際の感染リスク低減にも工夫がなされている。

 なお、価格はソフトウェア込みで1750万円(税別)。

 全自動LC/MS前処理装置「SCLAM-2000」(研究用)

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R