忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

「1年で60kgのダイエットをした、ジャンクフードは完全に断ったよ…」まるで別人となったビフォー・アフター写真

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

「1年で60kgのダイエットをした、ジャンクフードは完全に断ったよ…」まるで別人となったビフォー・アフター写真

「1年で60kgのダイエットをした、ジャンクフードは完全に断ったよ…」まるで別人となったビフォー・アフター写真

 

ダイエットしたいと願う人はたくさんいますが、痩せ切るまで頑張るには強い意志を必要とします。

【この記事の全ての画像・動画を見る】

そんなときにモチベーションの助けとなるのが、誰かの成功した体験。

1年で155kgから95kgの肉体改造に成功したオーストラリア男性が、海外掲示板に具体的な手法とビフォー・アフター写真を紹介していました。

『ちょうど1年、まるまるのハードな運動と痛みだった。自分は21歳で、今の自分に満足している。

自分の人生はいつだってデブだった。一度だって痩せていたことはない。どんどん太っていく日々だった。

ターニングポイントは、7XLサイズの服が入らなくなったこと。どうしても8XLに行きたくなかった。それにオーストラリアでは6XLより大きい服を手に入れるのは、とても苦労するんだ。

2014年3月、僕は154kgだった。ずいぶんな巨体だった。ソファに座って1日中ジャンクフードを食べながらテレビゲームをしていた。ジャンクフードを食べることが幸せだった。それは悪循環だった。体重が増え、鏡を見ては、「そんなに太っちゃいないよ」と自分に言い聞かせていた。

その頃の僕がこれ。(2014年3月)

自分に嫌気が差して、ジムに通い始め、健康的な食生活にした。

効果はてきめんで、毎週体重が減っていった。後からパーソナル・トレーナーもつけた。彼女はとても努力してくれた。

「高強度インターバルトレーニング」に取り組み、ほぼ休まずに「ゴーゴーゴー」という感じで40分ノンストップの内容。
(高強度インターバルトレーニング – Wikipedia)

154kgも体重があるので最初の頃はとてもつらく、50cmくらいの昇降台の上り下りを12回セットx4回するだけで、気絶するかと思ったくらいだ。

11月になったら60kgもやせていた。それはそれは幸せだった。60kgと言えば人間ひとり分だ。

今年からはウェイトリフティングも加え、良い意味で大きくなってきている。もう1年もマクドナルドやケンタッキーなどを食べていないし、恋しいとも思わない。他のダイエット志望者を激励することになればいいなと思う。』

(これが今の自分)

ただ痩せただけでなく、引き締まった体つきになり、もう完全に別人ですね。

顔も変わっていますが、同じ人物と思えないほど自信もみなぎっているように思えます。

海外掲示板の反応をご紹介します。

●今まで見た変化の中で最高だと思う。おめでとう!

●とてもよくやったと思うよ。大きな成就だ。人間ひとり分を減らしたというのもすごい。人生は変わったかい? 今でもテレビゲームはやるかい? 自信は?

↑(投稿者)まずは、ありがとう。人生はとても変わったよ。
女の子たちが自分に気づくようになったよ。
飛行機にも乗れるようになった。座席にフィットするからね。テレビゲームは今でもするよ。でもコーラの代わりに水を飲むようになった。自信はついて頭を上げて歩くことができている。誰かが自分のことをなんて思っているのかを心配せずにね。

●おめでとう。すばらしいね。新しい人生を楽しんでください。ジムのチャレンジはやめないように。

●こういうのは人にモチベーションを抱かせる。やり終えて自分が幸せだと言ってるところとかね。

●3~4年かかっていても感心する進み方だよ。1年とはすごい。

感心の声やお祝いの声ばかりでした。

かなりハードな手法ですが、達成した努力に見合うドラマチックな人生の変化があるようです。

155kg to 95kg, my story and one whole year with no junk food.

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R