忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

「鉄人」に憧れて トライアスロンは苦闘の連続

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

「鉄人」に憧れて トライアスロンは苦闘の連続

「鉄人」に憧れて トライアスロンは苦闘の連続 

 

  ランニングブームが続く2015年の日本。長距離レースの舞台は、硬い舗装路やトラックだけではない。街を飛び出し、山・森・海といった自然の中を本能のままに駆け回るランナーが増えている。そうした「ワイルド」な大会に記者自身が参加し、その熱気と魅力を伝えたい。第2回は泳ぐ、こぐ、走ると3種目をこなすトライアスロンのデビュー戦。

 

 

 スイムスタート直後は選手同士が激しく接触する(静岡県磐田市)

  「右呼吸も習得すべきだった」――。水面から顔を出し、激しく後悔していた。ふと泳ぐ手を休めて右前方を見ると、一緒に泳いでいたはずの選手の集団が20メートル程離れて違う方向に進んでいる。正しい方向に進んでいるのは集団の方だ。私は1人、左にそれてあさっての方に向かっていた。

 ■道しるべのない海を蛇行

  初めてのトライアスロン。第1種目、水泳のコースは海沿いの湖を時計回りに一周する1キロだ。クロールで腕を回して進むが、記者は左向きでしか呼吸をしないため、視界が左半分に限られる。右側、つまりコースの内側が全く見えず、気づかぬうちに1人アウトコースに大きく膨らんでいたわけだ。あわてて進路を右に変え、集団に合流する。しかし、少し泳ぐとまた左に曲がっている。再び右に戻る。この繰り返しだ。

 

 泳いだ直後、自転車が置いてあるトランジションエリアまではだしで走る(磐田市)

  無駄なジグザグ移動を繰り返しながら思った。プールは何と恵まれた環境か。透き通った水なら顔をつけてもまわりが見通せるし、コースロープをたどれば真っすぐ泳げる。道しるべもない濁った水の中を泳ぐことが、これほど難しいとは……。

  振り返ること3カ月。「元水泳部ならトライアスロンいけるんじゃないか」という友人の一言で、私の挑戦が決まった。水泳、自転車、ランニングを連続して行い、「鉄人レース」という異名を持つ過酷な競技だ。興味がなかったわけではないが、この競技を始めるには2つの大きなハードルがある。

  1つ目が水泳。自転車やランニングは少し練習すれば、ある程度の完走可能なペースで進めるようになるが、水泳だとそうはいかない。泳力不足だと死亡事故につながりかねない、というのは大げさではない。その点、私は中学・高校で水泳部に所属していたため、遠泳に関しては幾ばくかの経験と自信があった。

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R