忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

危険運転の認識なかった…池袋7人死傷で被告

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

危険運転の認識なかった…池袋7人死傷で被告

 東京・池袋で危険ドラッグを吸って乗用車を運転して7人を死傷させたとして、自動車運転死傷行為処罰法違反(危険運転致死傷)に問われた会社員名倉佳司被告(37)の初公判が10日、東京地裁(安東章裁判長)で開かれた。

  被告は、危険運転の認識はなかったとして起訴事実を否認する一方、「取り返しのつかない重大事故を起こし、深くおわびします」と謝罪した。

  起訴状では、名倉被告が昨年6月24日夜、危険ドラッグを吸引して乗用車を運転し、池袋駅前の歩道などを暴走して1人を死亡させ、6人にけがを負わせたとしている。

  危険運転致死傷罪は「正常な運転に支障が出る恐れ」を認識して運転した場合などに適用される。検察側は冒頭陳述で、名倉被告が2010年頃から危険ドラッグを使用し、店頭やインターネットで購入を繰り返したと指摘。「一度も危険な状態に陥ったことがなかったとは考えられない」として、認識があったと強調した。

  一方、名倉被告は罪状認否で認識を否定し、弁護側も「経験のない体調の異変を覚え、気づいたら事故を起こしていた」と主張した。

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R