忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

<淡路島5人殺害>強い殺意持つ? 5人全員に複数の刺し傷

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

<淡路島5人殺害>強い殺意持つ? 5人全員に複数の刺し傷

 <淡路島5人殺害>強い殺意持つ? 5人全員に複数の刺し傷

 ◇兵庫県警、容疑を殺人に切り替え神戸地検に身柄送致
 
  兵庫県洲本市の民家2軒で5人が刺殺された事件で、うち3人に対する殺人未遂容疑で県警に逮捕された平野達彦容疑者(40)の自宅から、血痕が付着した凶器とみられるナイフ1本が見つかったことが10日、捜査関係者への取材で分かった。このナイフで5人全員を刺したとみられ、県警は詳しく鑑定する。県警は同日、容疑を殺人に切り替え神戸地検に身柄を送った。
 
  捜査関係者によると、県警は9日に平野容疑者の自宅を捜索し、ナイフを含む複数の刃物を押収。このうちナイフ1本に血痕が付着していたという。
 
  また、5人の遺体全てに複数の刺し傷や切り傷があったことも判明。一部の傷は内臓にまで達しており、平野容疑者が強い殺意を持っていたとみて、遺体を司法解剖して調べる。また、神戸地検は今後、刑事責任能力の有無を調べる精神鑑定をするための鑑定留置を検討する。
 
  一方、県警は10日、被害者の家族らから計10回にわたって平野容疑者の暴言や中傷などに関し、相談を受けていたことを明らかにした。最初の相談は2010年9月にあり、その後、今年2〜3月には相次いで9回の相談を受けていたという。
 
  県警によると、今年2月14日、死亡した平野毅さん(82)の孫の30代男性が自宅近くで平野容疑者と口論になり、写真を撮られるトラブルがあった。毅さんの50代の娘は翌15日、自宅を訪れた署員に不安を訴え、その後も連日、駐在所を訪問。「写真を勝手にインターネットに掲載されたら犯罪になるのか」と相談するなどした。
 
  その後も毅さんや娘、孫らが洲本署や駐在所をたびたび訪問。写真撮影やネット上の中傷行為について「人権侵害にならないのか」「事件化してほしい」と求めた。これに対し同署は「写真を撮られただけでは難しい」と応じ、付近のパトロールを強化するなどした。県警は一連の対応について「相談にはその都度対応しており、問題はなかった」としている。

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R