忍者ブログ

コスプレ ハロウィン アメコミ オススメランキング

社会そのほか速

食虫植物の「袋」、平らな葉が変化…仕組み解明

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

食虫植物の「袋」、平らな葉が変化…仕組み解明

 食虫植物の「袋」、平らな葉が変化…仕組み解明

 自然科学研究機構・基礎生物学研究所(愛知県岡崎市)などの研究グループは、食虫植物のサラセニアについて、特殊な「袋状」の葉を形作る仕組みを初めて解明したと発表した。

  研究成果は、16日付電子版科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに掲載された。

  サラセニアは、地面から袋状の葉が上に伸びた形をしており、その葉の中に消化液をため、落ちた虫を栄養にする。従来、袋状の葉がどのように形成されるかは不明だった。

  研究グループは走査型電子顕微鏡で、葉が形成される初期の段階から成長の過程を観察。その結果、元々は平らな葉が、葉の中央と付け根といった特定部分の細胞分裂の方向を変え、袋の形に変化していたことが判明したという。

  理化学研究所の倉谷滋・主任研究員(進化発生学)は「どの植物の葉にもある遺伝子が、働き方を少し変え、細胞レベルの変化を引き起こすことで、全く違った形になることがわかった。普通の葉がどう変化し、食虫植物の葉に進化したかという謎を説明してくれた」と話した。

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R